201611旧年が無事終わったことに感謝して
新年を祝う正月。
そこに欠かせないのが「おせち料理」です。

今回は壱の重から参の重まで
おせち料理の一通りのレシピを紹介します。

基本的な手順やひと手間を惜しまないことで
いつものおせち料理にもっと深みが出ます。

※31ページ「シイタケだし」の材料の部分に間違いがありました。
(誤)「生シイタケ」→(正)「干しシイタケ」です。
申し訳ございません(12/15追記)